イタリア滞在許可書 ペルメッソ
そのイタリアの友人はもちろん私のブログは見てないけど、更新をあまりしていないと話したらpigra(なまけもの)と言われたので更新してミル。。。

イタリアの滞在許可書について~

私は2013年の11月から1年間、語学学校に通うため学生のペルメッソを持っています
で、色々と悪名高いクルストゥーラですが。。。

あくまで私の場合、ローマの場合。
以前の事はわかりませんが

かなりスムーズでした(笑)いや、イタリア人もびっくり。。

郵便局でもらうキットはその時は学校にあったのでそこで購入し(これが正式な方法かは不明。。)学校側から言われた書類のコピーと、申請書(学校が全て記入してくれた)を郵便局で出してまずは終わり
ただ聞いていたよりもめちゃ高かった汗 全部で280ユーロほど。。あ、高すぎてあんまり覚えてない。しかもカード払いしようと思ったら機械が壊れてるかなんかで現金しかダメと言われて慌てておろしに行くハメに。テメ。。。(-_-メ) 普通300ユーロ近い現金もちあるかんだろ。。。

何件かATMを周りようやくおろせた。ちゃんとVISAやら下せるマークはあるのに使えないとかありますね
とにかく書類申請は終了。もらった紙にクルストゥーラに行く日が振り当てられて書いてあるのでその日にクルストゥーラに行きます
私は1月中ごろで、念のため知り合いのイタリアの人についてきてもらう事に。B線の終点からさらにバスで20分ほどのとこにあります、とってもへんぴなところ。外国人用だから?

意外と時間通りに事が運んでいて、余裕をもって結構前に行きましたけど時間になるまでそこで待っててと言われて、中には入れませんでした。時間になって はーい はーいと中に入り、名前が出るまで10分くらい待って、指紋とったり写真やら出して、はい、お疲れさま。40日後くらいにここにとりに行ってねー。写真1枚使っただけ?じゃ4枚って書くなよ。とツッコミをいれたくなるのはガマンして

。。。。。


はやっ!

よく言われる大家さんの証明書ですが、学校に聞いたら、もしあれば持参して、なくても構わないわよ、との事だったので持参せず問題ありませんでした。あくまで私の場合。

とりに行くクルストゥーラは住んでいる場所によって管轄が違うので、名前をさら~っと書かれますが、わざわざ住所まで書いてはくれませんので、友人が調べてくれました。

もともとのんびりな私はイタリアに来て、これまでの長期間に渡る準備やらの緊張から解放され、すっかり?イタリアのペースに。。(もともと?)40日後って言われてたの、すっかり忘れてて、あ!取りにいきゃなきゃ~って思いだしたのが3か月弱たったころ。
だって~40日後ってゆってもできてないだろーな~と踏んでいたのです。それに携帯にメールが来るって学校の友達がゆってたから、ふ~ん。そうなんだ~メールまだだからまだかな?とのんきにしていたら、クルストゥーラによって対応が違うとのこと

あらら。そうなの?知らんかったー。確かにメールするよ、とは言われなかったけど
友達はちゃんと40日後くらいでメールきてすぐもらえたよってゆってて、私が住んでいる地区は移民が他の地区に比べてとても多いので、そこだとメール来ないかもね。とのこと。
あ、なーんだ、そうなんだ~

って事で、早速(ってすでにかなり遅いけど)行ってみたら、その時は2組ほどいただけで、私はもらうだけだったので控えを渡して、すぐにもらえました。カード式です。その窓口の人も親切でした

以上。びっくりするほど、意外にもスムーズにいきました。。

ただ窓口の人や時期や場所とか色々あれやこれやによると思うので、他の学校の場合はわかりませんが、私は学校のオフィスにわからない事は聞きました。私が行った時期はあまり人が多くなかったように思います。

ちなみに出来上がったペルメッソは写真がいがんでいて、私のサインも下の方がちょっときれてて、しかもにじんで小さいので、イマイチ何が書いてあるか。。サインだからこんなもんでいーの?
写真もうちょっとちゃんと貼ってよ。。と思いつつ、無事今は手元にあります











[2014/07/15 00:29 ] | イタリア滞在許可証ペルメッソ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |