少し落ち着いたところで

お正月早々からひいた風邪がどうもインフルエンザだったもよう。。39度とか40度とかの高熱ではなく、ちょっとだけ高い熱がずっと続く。そしてやたらとダルい。起きれない。

いやー 知らないうちにインフルにかかっていたようですね(おい)そして知らないうちに治りましたね(おい)

その後、そんなこんなで年末に仕事が終了し、職なしになってしまったのでってゆっても学生なので学校はありますけど、今月は私にしては珍しく、引きこもりでした。学校終わってからずーと家でネットしてましたね~外出たくなくて。今週辺りからやっとちょっと 外でよっかなーなんて思ったり

今月めでたく?誕生日だったのであと少しでアララな歳です、気が付けば。
今さらゆっても仕方ありませんが、せっかく仕事できるようになったのでパン屋で長く働くつもりでした。ペルメッソも協力してくれるってゆうし

でもね。でも。ムリでしょ、アレは。

どうも数か月に渡る多大なストレスで、人生初の不正出血があり。。さらに人生初。生理も今月こなかった 汗
不正出血は大家さんがずっと心配して、10日経っても止まらないから、一緒に病院行ってくれました。
結果、子宮は大丈夫。との事。。特に原因とか何も言われず。私が思うに、多分ストレスでホルモンバランスが崩れたんじゃないかなぁと。だから今月、生理もこなかったっぽい。妊娠の可能性もないので

あまりよく知らずイタリアに来てしまったので、ここに来てから知る事になるのですが、大きな声で言いたいのは

イタリア人 信用するべからず。

こう書くとなんだそりゃ。ですが、もちろん人によりますよ
悪い意味で受け取らないでくださいね。真に受けるとかなりひどい目に合うからです。ただその見極めは難しくて、10人中、1人がsi と言ったら ほんとの si かなと私は思ってます。いやいや。。よくて20人中1人か。。いやいや30人。。40人。。あぁ。。だんだん増えていく

十中八九は その場しのぎです!

悪くいえば発言に責任を全く持たない
よく言えば楽観的。その場でその人たちはそう思ってゆったんだからウソではない。

お店のイタリア人たちもはっきりゆって テメェ!このやろう!と思うしょっちゅうありましたよ。ただイタリア語ができない引け目も正直あったので、適当にかわしていましたけど、なんであんなにわがままなのか。ほんとに一緒に仕事しづらいです!一度なんて英語で私に F 言われましたよ。アリエナイ。てか忙しいのはオマエもアタシも一緒だっつーーの!!!

アメリカに住んでる友達にゆったら、アメリカなら訴えられるよ!ってすごく驚いてたんだけど、ここイタリアだからね。。。彼らも英語は第2外国語だし、ヨーロッパの若い子達、みんなFばっか使うから、あたしもつい普通に使いそうになっちゃったしね、前は

合わせるとか、そうゆう感覚全くありません。あと外国人だからナメられてたのも確実にありますね。別に英語で言い返してやってもよかったんだけど、あのストレスにさらされる毎日で、ここでコイツらに怒って無駄なエネルギーを使いたくなかったのもあります。

辞めるつもりだったし、この店やこの人たちがどうなろうとあたしの知ったこっちゃない、と思うと怒りすらもうわいてこなかったですよ。あーハイハイ、ご勝手にゆってて、みたいなね

イタリアの人達にも日本の人達にも相談したけど、ここのご主人の考え、とゆうかやり方は非常に変わっていて、理解しがたいものでした。口そろえて全員同じ事言われましたよ。
相談したうちの日本人の一人からは、メリィさん、イタリア人たちを簡単に信用しすぎですよ、とさらっと言われてしまった。ってか今回の場合は難しいでしょ!これ?!Flussiでもなくて、でも登録してあるから安心して!全部大丈夫だから!となーーーーーーーーんど言われた事か。テメェの発言に責任とれよ、オラァ。あ、しまった。つい本音が(笑)会った事もない店の会計士さんが全部してて、どうやって調べればよかったっちゅーねん。Flussi以外でなんて知らんわ。

人生の経験として勉強させてもらった、とゆう事にしておきます。きっとみんな海外にいたら海外特有のストレスとかトラブルとかあるからそのうちのひとつだったって事で。

なのに友達続けたい、って言われてメッセージとかも来るけど、ありえんでしょ~!ムリです、はい。2度と会いませーん!




[2015/01/26 04:23 ] | イタリア | コメント(0) | トラックバック(0)
<<1か月以上前の | ホーム | 会長サンのおしり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://merysansan.blog.fc2.com/tb.php/125-828fc812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |