遺伝子には逆らえない
ここ、ローマにあの三味線で有名な「吉田兄弟」が来ていました! どういったいきさつで、とかどの国とか詳しくは知りませんが週末夜もいつも夜中まで仕事のため、なかなかイベントに行けないメリィさんですが、なんとか少しだけ行けたので、ちらっと行ってきました

1時間弱しかいられなかったけど、三味線の説明や、今までしてきた事なんかを色々話してくれました。多分あの後に演奏もあったかもしれないけど、仕事のある私は泣く泣くでてくるしかなかったんですね~でも少しだけでも話も聞けたからヨシとゆう事で!

その間に、「こんな感じです、少しやってみますね」と少しだけ弾いたりしてくれましたが、いやー!スバラシイの一言。そしてわたしはやっぱり遺伝子が日本人(笑) だと改めて思いました。

ライブの映像や、試し弾き?を聞いてると、身体の中からゾクゾクしました(笑) これぞまさしく日本のこころ。音もとってもキレイで、張りが合って澄んでいて心が動きましたよ

実は私もこっちに来る前に三味線を習おうかと思っていた事がありました。近くのカフェでレッスンをしていたんですね。ただ三味線は猫の皮(。。。。。。)を使っていると聞いて、なんだか躊躇してしまいました。まぁ太鼓とかも皮ですけどね。。。。あ、バチはべっこうだそうで、猫と亀とゆう組み合わせもなんだかなと、つい思ってしまいましたが、演奏はとてもすばらしかったです!

ここに住んでいて思うのですが、とっても当たり前の事ですが、私は日本人であってもちろん文化も考え方も全てにおいてこことは全然違うのに、よく自らここに来たよな~と思います(笑)特に私はここでしか勉強できないものをしにきたわけでもなく、ぽんっと会長サンを連れてきてしまった。縁ももちろんあったんでしょうけど、自分でもほんと不思議な事してるよな~と思います。そして周りの人はもっと理解不可能(笑) 周りの人は関係ないからいーんですけどね♪

といいつつなんだかんだと3年目なので、そこまでここの暮らしをイヤではない、とゆう事。。。。なんでしょうね、きっと。まだ何も具体的に決まってるわけじゃないけど、なんとなーく今年は動きがありそうな予感。自分のカンは信じてるので、とゆうか信じなきゃやってられませんが(笑)そう思ったらきっと何かあるんでしょう!
[2016/04/10 22:22 ] | 未分類 | コメント(0)
<<イタリア語とフランス語 | ホーム | そういえばそうだった>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |